映画舞台挨拶

2018/04/09

camelopardalis2006-08-05


行ってきました〜、映画公開初日、舞台挨拶へ。

昨日急遽ブログに書いたのは、今日のこの話を書くためだったんです。


だって、堺市まで6人そろっていらっしゃるというとで、もう、これは見に行かねばならない!と。ここで、普段(だけじゃないな、夏休みも)の育児ストレスも吹っ飛ばそうと思って。準備を整えてチケット取って、家族を巻き込んで(これは子持ちなのでどうしても仕方ない…)行ってまいりました。座席はほぼ真ん中。

チケットは、大人1枚、幼児1枚で取ったのですが、なんと、急に今朝になって、上の子に「映画見たくない、恐いから…」と言われてしまい、同席したのは下の子。まだチケットいらない年齢なのにね。「もったいない」と夫に言われつつも、子供の気まぐれはどうしようもありません。え〜ん。写真は、「完売」の文字がついた、舞台挨拶告知がついた看板前にて、です。

客席のほとんどは、やはり、親子連れでした。ちょっぴり気になっていた、「追っかけ」とか「コスプレ」とかいう方はほとんどいらっしゃらず…。残念なようで、反対に、うちと同じような人たちばっかりでほっとしたような…!?

12時半をしばらくまわって、6人、いえ、3人づつ、左右の客席通路からの登場です。ここで私、「映士〜!!!」と叫んでぶっこわれました。昔の私に戻りました。いいんです、もちろん出合正幸さん含め、みなさんを「応援してます!」ってじかに伝えるのが第一の目的ですが、上のとおり、ストレス発散もあるので。みなさんのあいさつ、「こんにちは〜」に、子供達に負けじと「こんにちは〜」と精一杯応える私。浮いてる? 後で夫にこのことを話したら、「みんな慣れてないんだよ」との答えが返ってきました。そ…、そうなのか?(私ってライブ慣れしてる!?)

演じてらっしゃる時と同じ衣裳なのに、テレビの中でとははまた違った、本人そのもののを見れるのが、生の良さといったところでしょうか? チビっ子が多いものだから、しっかりかっこいいところ見せようとするチーフ、ニコニコお客さんに手を振ってくれる蒼太、意外と早口で、おしゃべり好きを連想させるさくら、話し方はいつもどおりなかわいい菜月、俺様キャラは画面だけで、この場はなんとなく恥ずかしそうな映士、そして、役とは声のトーンが一つ明るく、まだあどけない少年ぽさ見られた真墨。それが生で見られ、感じられるなんて感激です。来て良かった〜。

自己紹介の後、まずは、「みなさんにとってプレシャス、大切な物とは?」という司会のお姉さんからの質問の答えの中で、印象に残ったのは、やはり、出合さんの「大阪」というお答えでしたね。嬉しかったし。そう、出合さんのおばあちゃんが見に来てらっしゃったんですよ。

また、次の、「実際のお父さん、お母さんを、有名人や動物に例えると?」という質問には、みなさん答えるのにとっても苦労されてました。トーク慣れしてないみんな(特に真墨!)に反して、すかさずつっこみを入れる蒼太は、さすが、機転がきくなぁと関心です。

などと…、まぁ、もっといろいろ思い出せる話はあって、書いてるときりないので(昔書いていたライブレポと同じになってしまうような勢いだわ〜)、このくらいにしておきましょう。

とにかく、とっても楽しかった〜。最後、お帰りになる時も通路からだったのですが、通路に近い人たち、子供たちは、握手してもらえてたりしました。ハプニングだったのは、最後の蒼太が、出口へ曲ってゆかずに、そのまま客席の上の方まであがっていってしまって、お客さんと握手し、サービスし続けたこと! 東映のハッピを着たスタッフに「そっちじゃない、早く行きましょう」とうながされていましたが、わざと、「間違えちゃった」と言ってくれて。そのサービス精神で、たくさんのお客さんのハートを奪い取ったことでしょう。メンバー中で一番(こういう)アドリブがきくのは、蒼太だと確信いたしました。

        • -

映画の感想は…、わかりやすく、かつ、おもしろかったですよ。33分は短い&もったいない。映士ファンとしては、もっと出番がぁ〜といったところでしょうか。これ以上はネタばれになってしまうので、また別の日にでもエントリしたいです。

続けての仮面ライダーは、普段見てないので(うちはポケモンサンデーにされてしまう)、???なところが多数でなかなかついてゆけず、一緒に見てる2歳児はあきてくるしで、あまり入り込めませんでした。すごくかっこいいなぁ〜と思う反面、人が次々に死んでゆくシーンはやっぱり、最後に何があろうと、やっぱりつらいです。感動で泣く前に「やめてよ」と言いたくなるのは、自分が親になったから?

あとね、どっちの作品にも言えたことですが、「隕石(彗星)の衝突」やそれによる「恐竜の絶滅」というのは、SF作品にはうってつけの題材なんだなぁ〜、ということを思いました。いつ起きるかわからない、避けようがない、けど、これも自然でありうること。宇宙の謎ともつながっていて、もしかしたら、何らかの地球外生命をもたらしているのかもしれない…。天文やってた私としては、この謎が、人々の心をそんなにも引きつけ、想像力をかきたて、何度使っても飽きないものなのかぁ〜、と、改めて驚いてしまいました。

見終わって出てきたところで、別行動だった夫と上の子が待っていてくれて、パンフレットを買って帰宅したのですが…。帰りの車の中で上の子ったら、「それでボウケンシルバーが何て言ったの?」「明石くんのお父さんはどうやって敵をやっつけたの?」「それからそれから!?」の、質問の集中砲火。だったら一緒に見れば良かったのにぃ〜(といっても、あのすごい敵を大スクリーンで見たら泣いてたかも)。

最後に、映画のパンフレットは「買い」です。中の一色刷りインタビューページは、大人向け、ですね、完全に。もちろん、うちの子達も奪い合って見ております。お願いだから、キャー、汚さないでぇぇぇ〜。

シン リジィ

[ダンシン イン ザ ムーンライト]

 

シンリジィの中だと、この曲かな。

 

アイルランド

f:id:travelwz:20160407204508j:image

夏休みに、バリ島に行ってきました

日本のGWや夏休みを含む4〜10月は、インドネシアでは乾季にあたるため、過ごしやすくてお天気にも恵まれます☀︎
直航便なら日本から7時間と、適度な距離。
島で山と海の両方を楽しめちゃいます♡


23:45▶︎羽田空港出発

f:id:travelwz:20160412164121j:image

飛行機代を抑えるため、LCCを利用◎
オプションを何もつけなかったので、機内食はなし。もちろん、映画も見られません。
乗り継ぎはクアラルンプールで。


12:30▶︎デンパサールに到着

タクシーの客引きをかわしつつ、ホテルへ向かいます。


14:00▶︎チェックイン

ウェルカムドリンクをいただきます♪
f:id:travelwz:20160407195208j:image


15:00▶︎まずは、腹ごしらえ

近くにあるレストランで、遅めのランチ!
f:id:travelwz:20160407200236j:image
時間が微妙なので、すんなり入店♪
♡サテ付きのナシゴレン
f:id:travelwz:20160407200709j:image
♡デザート
f:id:travelwz:20160407200720j:image


16:00▶︎オプショナルツアーで、ゾウに会いに行こう!

ナイトサファリのツアーに参加します。
インドネシアの国旗とゾウさん。
f:id:travelwz:20160407201337j:image
ゾウさん発見♡
f:id:travelwz:20160407201818j:image
水浴び中。
f:id:travelwz:20160407202159j:image
近くでエサをあげることができるんです♡
f:id:travelwz:20160407204508j:image
「もっとちょうだい!」
f:id:travelwz:20160407204536j:image
このゾウさんたちに、レイをかけてもらっちゃいました♡


18:30▶︎迫力満点!ゾウたちのショー

日が暮れる頃、ショーがはじまります。
サッカーボールをゴールに蹴ったり、
f:id:travelwz:20160408140334j:image
フラフープをまわしたり!
f:id:travelwz:20160408140350j:image


19:30▶︎ディナービュッフェをいただきます

色とりどりのフルーツがたくさん♡
f:id:travelwz:20160408141810j:image,w400
おしゃれな席でいただきます
f:id:travelwz:20160410121522j:image
f:id:travelwz:20160408142820j:image
ゾウさんのシルエット。
f:id:travelwz:20160412164241j:image


22:30▶︎ホテルまで送ってもらえます♪

ホテルに着くまでが、ツアー。
大満足のナイトサファリでした!
おやすみなさい。



インドネシア旅行記
【バリ島旅行記*1】ナイトサファリで、ゾウとの時間を満喫してきた
【バリ島旅行記*2】ウブドで、一面緑の美しいライステラスを見てきた
【バリ島旅行記*3】市場や儀式など、朝から晩までバリの地元の方の生活に触れてきた
【ジャワ島旅行記*1】1泊ホームステイで、ジャワ島民のご家庭におじゃましてきた
【ジャワ島旅行記*2】イジェン火山に登って、幻想的な青い炎を見てきた
【ジャワ島旅行記*3】イジェン火山の湖は、昼の姿も絶景だった
【ギリ島旅行記*1】絶景を独占!静かな島で、青い海と空を贅沢に味わってきた
【ギリ島旅行記*2】ザ・ビーチリゾート!バカンスで賑わう島で楽しんできた
【バリ島旅行記*4】お買い物&グルメ天国!ディスカバリーショッピングモールで、最後までバリを満喫してきた


 
家を建てた人には、臨時収入がありますね~
 
住宅版エコポイント


家を建てるときに預けたお金(預り金)の返金
住宅ローンなどによる税金還付
 
厳密には、エコポイント以外はもともと自分のお金なので、
臨時収入ではありませんが、一度支払ったお金が戻ってくると臨時収入みたいな気分ですね
 
 
これらの合計額は多い人だと100諭吉さん越え
 
 
このような大金
どうします
 
 
 
 
 
 
我が家の場合、
 
これが…

 
 
(ナショナルの初代斜めドラム洗濯機)
 
これに…

 
 
(日立の風アイロン、型番3400のもの)
 
変身する費用や、温泉旅行の費用に一部が消えました
 
 
 
でもまだあるよ
残り金額
どうしよう…
 
 
 
 
貯金してもいいですし、住宅ローンの繰り上げに充ててもいいですが、
私Qとしては何かに投資することがお勧めです
 
 
中でも、
自分への投資がいいですね~
 
 
金融商品に投資するのも、金融投資を勉強するための自分への投資ですね
金融投資をしたことがないのに退職金全額をつぎ込む人がいますが、無謀すぎます
 
失敗できる今の時期に失敗しておくのも有効でしょう
うまくいけば増えますし…
 
ということで、Q家では金融投資することに…
もちろん、失敗しても破産しない金額で…
 
 
 
子供への投資もいいですが、今はまだその時期ではないかと…
 
 
そのほか、
太陽光発電を設置するのも立派な投資ですね
我が家では後付けでの太陽光発電を検討しましたが、
結局、当分の間は断念することにしました
 
 
なぜ、断念することにしたか…
このことについては次回です
 
 
http://house.blogmura.com/newhouse_ichijo/ranking_out.html ←にほんブログ村 一戸建 一条工務店
 
http://house.blogmura.com/newhouse/ranking_out.html ←にほんブログ村 一戸建住宅(施主)
 
http://lifestyle.blogmura.com/simplelife/ranking_out.html ←にほんブログ村 シンプルライフ
 
http://blog.with2.net/in.php?1324443 ←人気ブログランキング

f:id:monsan3489:20161111140033p:plain

ただいまプレイステーションストアで

キャンペーンを実施中

概要を引用しておりますので

気になる人はチェックしてみてください

おすすめは
ブラッドボーン完全版です!

SIEは本日11月11日より

PS Storeにて「PlayStation 10周年記念 ご来店ありが10(とう)キャンペーン」を開始しました。

既にお伝えしている通り、本キャンペーン開催期間中はPS Storeにて配信中の人気タイトルが最大80%OFFで販売。

有料DLCも収録したブラボ完全版『Bloodborne The Old Hunters Edition』が1,999円

発売されて間もない高評価アクションRPG『イースVIII』が2,999円

美しすぎる2Dグラフィックスと爽快なアクションで根強い人気のアクションRPG『朧村正』が999円

続編の発売が間近に控えるベセスダのステルスアクション『ディスオナードHD』が999円など

厳選された10タイトルが激安価格で販売中。

キャンペーン開始にあわせて紹介映像が公開されたのでご紹介します

応援してくれると嬉しいです( *´艸`)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


 ゼミで修了生との方とご一緒することが多いのですが。ほんと、あの方たちは力あります
わ・・・。1年のアドバンテージ以上の力の差を感じます。正直うちの(私含めて)1期未修2期既習は同じ土俵にすらのれてない感触。しかも、そのレベルがごろごろいたって・・・orz 留年や回避で出願者数はもっと減るでしょうけど。数字の上で合格率があがっても決して安心してはいけないなと思ってますわ、最近。



 そして、件名は修了生の方くらいの年齢層ならわかるであろうアニソン。「か〜みかぜ〜のじゅつ〜」 ぷわ〜んぷわぷわ〜んぷわぷわ〜ん

飽きたわけではありません

すごくすきなひとがTwitterからもブログからも姿を消してしまってなんだか書く気力がなくなっていました でも書きたいことはいっぱいありました 舞台見に行ったりとかバクホンのライブツアー初日から3日間行ったりamazarashiのライブ2日間行ったり人と会ったり。わりとお外にでていました。
そしてこれは最新の情報なんですけどいろいろあって近所のガールズバーの体験入店に行くことになりました。今日の夜から。とにかくお金を稼ぎたい。稼いで行きたかったところに行って次の誕生日までに死にたい。とか言って誕生日すぎても生きてたりするんですよね。
死んでやるから、みんなわたしのこと忘れてほしい。

昨年に続き今年も千葉県幕張で行われる「幕張ビーチ花火フェスタ」にぐっさんバンドで出演させていただきます!

 

このイベントの為にレコーディングしたぐっさん作詞・作曲のテーマソング「打ち上げ花火」

ライブでもやります!

球場の座席から15,000発の花火とこれだけイッパイ見れるチケットは絶賛発売中です!

でんぱ組.inc / 水谷千重子 / レイザーラモンRG / ハイキングウォーキング / とにかく明るい安村 / ジャルジャル / アキナ / トレンディエンジェル / パンサー / バンビーノ / コロコロチキチキペッパーズ 他

 

 

友達にお借りしたABCーZさんの「A.B.C-Z Early summer concert」のDVDの感想を、見ながらしていたメモそのままで記録として残しておこうかというエントリーです。

=======================
ファン人気の高い曲を1曲目におくコンサート好き
紙の切れ端がステージに落ちっぱなし気になる(滑りそう)
2曲目にして塚ちゃんの汗が尋常でない
バクステが立派!
とっつーのギターが拙くてかわいい(ドヤドヤなギターマンなジャニーズばかり見ているせいで新鮮)
爽やかな曲なのに狂気を感じるシャウト
五関さんは躍動する彫刻
アクロバットでスローモーションになる演出ちょっと面白い
\河合の河合がすごいことになってるぞ!/
チビジュは研修生なの?
なんで河合くんはドラムソロやろうと思ったのか分からないけど、スノにドラムごと動かされてるのかわいい
衣装以上にエクステ付きのキャップが謎
「河合はかわいいかい?\かわうぃー!/」
かわうぃーって言ってるなべしょがかわうぃー!
ダークネス普通にいるいるな仕上がり
バク転連続30回て…
ペンラ芸?に真面目に応えるファンの真面目さ
赤に染まっていく会場に白スーツにバラの花束持ったハッシーは反則
トッツーが脱ぐとソワソワする
空写真衣装とてもキレイで好き
さっくんのファンサ、2次元
アクロバットタイムをアンコールに置くのは流れとして正解だけど体力面でキツいだろうからすごすぎる
バイオリンの後藤くんの顎がアザっぽくなってて後藤くんも大変だよなと改めて思う
後藤くんが手ぶらで外周を歩いている違和感
岩本くんの手がきれいすぎ
ハッシー、かわいい
ハッシー、かっこいい
高まるとナチュラルにキムタクパイセンの歌い方(うますぎる)になる河合くん
えびさん、家族感すごい
すのーまん、好き

バックステージのメンバーそれぞれのハンディカム、とてもかわいいんだけど三半規管弱いのでとても酔う…

=======================

頭の悪い感じのメモの羅列は以上。
えびさんは少クラでは見ていても、音源とかはMoonlight Walkerしか買っていなくて、あのDVDでもそれぞれのキャラクターとか関係性とか面白いなって見てはいたけどもー。
というくらいなので、本当に曲もあんまり分からない状態で観賞しましたが楽しかった。
えびさんの空気感で本当に独特で、雄感はとても薄めだし、妙に家族的な空気感。
すごいことをしてるんだけど、ドヤ感があまりなくて、ステージと客席の距離感というか、関係性がすごくフラットに感じました。
もちろんキャーッ!ってなるところはなるし、笑いもあるけど、全体的に本当にあたたかい…不思議。 
メンバーの謙虚さがそうさせるんだろうけど、でも普通にみんなすごいかっこいいし、ふとした瞬間にすごい男っぽさが見え隠れするとヒィ!ってしたり。
ハッシーがとにかくかっこよかった。
喋ってるとちょっと天然が過ぎる普通の男の子なんだけど、歌もすごくうまいし、踊れるし、アクロバットも普通にこなす。
普通にこなしてるような顔を出来るように、すごく努力をしてるんだろうなというのが伝わる気迫。
あの体格でアクロバットをするのって本当に大変だと思う。
それでもセンターとして堂々とアクロバットをこなしながら歌う姿、かっこよかった。
ファンを見るときの優しい表情も好きだなーってなりました。

2016年にABCーZのコンサートがあれば、お邪魔したいなーお邪魔したいなーというのが1番の感想です。

131124 KARA "Mr." KARASIA 2nd TOUR 2013 - YouTube: